CAMP

【朗報!】スノーピークのアフターサービスはやっぱり神対応だった

スポンサーリンク

Snow Peakは商品に絶対の自信があることから各商品に保証書はつけていないことで有名ですが、今回初めてスノーピークのアフターサービスを利用してみたので報告します。

【2ルームテント】ランドロック アイボリー RED Flame Editionについて

2019年雪峰祭で限定販売されたランドロック アイボリー RED FLAME EDITIONを購入して愛用していたのですが、控えめにいって最高すぎる2ルームテントです。

全体で4m×6mの巨大ボディの2ルームなので寝室も4m×3mの広さがあって、コットハイテンションやラックソットを置いても広々使えてしまえる寝室。

前室にはリビングシートを設営してIGTでこたつスタイルもできますし、とにかく広く快適に使うことができるのでレイアウトを考えるのも楽しみになったりします。

それでいて設営は慣れてしまえば1人で30分程度で完了できる簡単さで設計されていて、風にも強いと言う本当に良いところづくしテントです。
ですが、購入してから気になっていることが2つ・・・。

どうしても気になる2つの不満なことについて

1つは設計上の問題なので仕方ありませんが、前室部分に照明を引っ掛けることができないことです。
たねほおずきやほおずきを使用するには、別でロングデイジーを購入して私はいつも照明類を設置できるスペースを確保しています。

そしてもう一つ、購入時から寝室部分のフライシートから雨漏りが結構あったんです。
スノーピークはどこの部分を測定しても最低〇〇mmの耐水性があるって表現しているのですが、ランドロックアイボリーの場合には1800mmミニマムなんです。
1800mmの耐水性って結構凄いと思うのですが、購入当初から寝室部の雨漏りが気になっていました。
※もちろん穴などの破損は目視できません

ダメで元々だと思いスノーピークストアの店員さんに相談してみました。
店員さんから、検査をしてみて異常が見つかれば
新幕と無償交換になると伺い、初めてスノーピークのアフターサービスに依頼してみました。

SNOW PEAKのアフターサービス

結果としては、製造時にシームテープを貼り付けるときに熱を与えすぎたせいでシームテープに数カ所穴が開いていたと言うことで新幕に交換してくれることになりました。

時系列で紹介

・2020年2月21日に店頭から配送手続きを行っていただきました
・2月25日にスノーピークのアフターサービスセンターに私のランドロックが到着
・3月4日に検査を終えて新幕の準備開始
・3月5日には発送手続き完了


店頭スタッフからは検査に大体1ヶ月くらいかかると伝えられていましたが、新型コロナウイルス蔓延の影響もある中、10日で検査・手配・発送まで行ってくれたスピーディーさにも感謝です。
そして丁寧な文言でのメッセージも担当者さんから頂きました。

まとめ

決して安い買い物ではないため、長く愛用していくためにもアフターサービスが充実しているスノーピークの製品を使い続けたいなと思える、まさに神対応でした!

アフターサービスを利用した後アンケートに回答することでスノーピークポイント100ポイントもらえます。
店員さんによれば、コットハイテンションやチェア類の布製品の張り替えが大体6000円程度で張り替えてくれるそうなので、焚火などで穴が開いてしまっても安心ですね!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SNOWTIME

20代後半の男性看護師 集中治療領域の部署に勤務して7年目 アウトドアブランド「snow peak」をこよなく愛しており、snow peakのギアに囲まれて生活できることに興奮を覚え、Youtubeでsnow peakの商品を紹介している 「動画を撮影するのにもっといい機材を使いたい」と思うようになりSNOYのα6600を購入 その後、キャンプ沼・カメラ沼にどっぷり浸かっている

-CAMP
-, , , , , ,

© 2021 「パシャ」っとナスキャン