CAMP

【厳選5選!!】キャンプで必ず役立つロープの結び方

ロープワーク taitle

スポンサーリンク

初めてテントやシェルターを組み立てる時に必ず必要となるのが「ロープワーク」です。

新品のテントやシェルターには、あらかじめカットされているロープが付属しています。
しかし、新品の幕体には結ばれていないため、実際にテントやシェルターにロープを結ぶのはあなた自身だからです。

ロープワークを知らないままテントやシェルターにロープを結びつけることも可能です。
ですが、適当にロープを結ぶと自在金具でロープにテンションを掛けた時や、強風が吹いた時にロープが緩んで外れてしまうかも知れません。

今回はキャンプで役立つロープワークについてまとめたので、一緒に見ていきましょう。

こんな方におすすめ

  • 新品の幕を購入する予定がある
  • 適当にロープを結んでいる
  • アウトドアで使えるロープの使い方を知りたい
  • ブッシュクラフトに興味がある

【結びの王様】もやい結び

「もやい結び」はもともと船を岸に繋ぐ時に使われているロープワークです。
簡単に結べ、強度が高く、水に濡れていても簡単に解く事ができるため、実用性No. 1の結び方です。

船を岸につないでおく事ができるくらい高い強度があるため、どれだけロープにテンションがかかっても解けてしまうことはないです。

そのため、キャンプではロープを木に結んだり、テントやタープ・シェルターについているループにロープを結びたい時などに使用します。

それでは結び方を見ていきましょう!

それでは、詳しく手順を見ていきましょう!

結び付けたいものにロープを通します。
次に、長い方のロープにループを作ります。

 

 

 

 

 

ループに短い方のロープを通します。

 

 

 

 

 

ループに通したロープを長い方のロープの下を通して
反対側にロープを移動します。

 

 

 

 

もう一度ループに短い方のロープを通します。

 

 

 

 

 

ロープ同士を反対方向に引っ張り合い、完成です。
この時に、短い方のロープが10cm以上あるようにします。

 

 

 

 

【もやい結びよりも簡単!】ふた結び

「ふた結び」も高い強度を持つロープの結び方です。

高い強度に加えて、「もやい結び」よりも簡単に素早く結ぶ事ができます。

キャンプでは「もやい結び」と同じように、ロープを木に結んだり、テントやタープ・シェルターに付いているループに結びたい時などに使用します。

わたしがテント用の張り縄を結ぶ時には、「ふた結び」を使う事が多いです。
その理由は「もやい結び」と比べて、「ふた結び」は簡単に解けないので、キャンプの度に解かないテントの張り縄に適している結び方だからです。

実際に結ぶ流れを写真で紹介します。

手順を詳しく説明します!

結び付けたいものにロープを回し、できたループにAを通します。

 

 

 

 

 

Aをループに通したら両方のロープを引っ張って締めます。
この段階までが「ひと結び」です。

 

 

 

 

 

ひと結びができたら、もう一度同じようにループにロープを通します。

 

 

 

 

 

両方のロープを引っ張り、締め付けます。

 

 

 

 

 

短い方のロープが10cm以上あると、ロープにテンションがかかっても
解けにくくなります。

 

 

 

 

【自在金具は不要!】張り綱結び

張り綱結びは別名「自在結び」とも呼ばれます。

自在金具がなくても「張り綱結び」をしたロープで長さの調整ができるからです。

実際の使用場面は、テントのループ側は「もやい結び」か「ふた結び」で結び、ペグ側を「張り綱結び」で結ぶようにします
そうする事で、自在金具が無くてもロープの長さを調整して、テントにテンションをかける事ができます。

それでは、結び方を見てみましょう!

手順を詳しく説明します!

ロープを結びたいものにひと結びします。

 

 

 

 

 

先にひと結びした箇所から少し離してもう一度ひと結びします。

 

 

 

 

 

ひと結びできたら、もう一度元のロープの内側に巻きます。

 

 

 

 

 

ロープの端を結び目の外側に持っていき、元のロープにひと結びします。

 

 

 

 

 

ロープの端を引っ張って固定します。

 

 

 

 

 

ロープの端が10cm以上になるようにすると強度が増します。

 

 

 

 

 

【小物を吊り下げよう!】バタフライ・ノット

キャンプをしていて「ここにライトを吊り下げたい」とか「シェラカップを吊るしておきたい」など感じることはないでしょうか?
そんな時に活躍してくれるロープワークが「バタフライ・ノット」と呼ばれる結び方です。

「バタフライ・ノット」はロープの途中にループを作ることでライトやシェラカップなどの小物を吊す事ができます
また、登山などでは長いロープにループを複数作って、手綱にすることもあります。

ブッシュクラフトでも「バタフライ・ノット」でループを複数作ったロープを「もやい結び」や「ふた結び」で木に結ぶことで、何もなかった空間を有効活用する事ができます

便利な「バタフライ・ノット」の結び方を見ていきましょう!

詳しくバタフライ・ノットの結び方を説明します!
小物を引っ掛けたい場所にロープを作ります。

 

 

 

 

 

作ったループを8の字にひねります。

 

 

 

 

 

8の字にひねってできた下の輪を手前から向こう側に折ります。

 

 

 

 

 

3つ横並びに穴ができるため、真ん中の穴に向こう側に折り返した輪を通します。

 

 

 

 

 

真ん中の穴に通した輪と、元のロープを引っ張ります。

 

 

 

 

 

完成です!!

 

 

 

 

 

【撤収の時に大活躍!】棒結び

これまでは主に設営する時に役立つロープワークについて紹介してきました。
設営の時に使ったロープを撤収する時に、グチャグチャにしまっておくと次使う時に絡まったロープを解く手間と時間が必要になってしまいます。
「棒結び」は、そんな悩みを解決してくれるロープをキレイにまとめる事ができるロープワークですので、必ず覚えておきましょう。

棒結びはこちらの動画をご覧ください。※音量注意です
RPReplay_Final1596303878-2

元の動画はこちら

キャンプで使えるロープワークのまとめ

今回は数有るロープワークの中でも、キャンプで必ず役立つロープワークを厳選して紹介しました。
実際にわたしがキャンプをする中で覚えたロープワークでも有るので、実用性は折り紙付きです!

簡単な結び方で実用性の高いロープワークを厳選したため、参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SNOWTIME

20代後半の男性看護師 集中治療領域の部署に勤務して7年目 アウトドアブランド「snow peak」をこよなく愛しており、snow peakのギアに囲まれて生活できることに興奮を覚え、Youtubeでsnow peakの商品を紹介している 「動画を撮影するのにもっといい機材を使いたい」と思うようになりSNOYのα6600を購入 その後、キャンプ沼・カメラ沼にどっぷり浸かっている

-CAMP
-, , , , , , , ,

© 2021 「パシャ」っとナスキャン